PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
からだとこころの感覚を通じて、今をよりよく生ききるために、何ができるかをわかちあう。

可能の感覚を手にする☆

<< コミュニティの力とまちづくり 講演 | main | カジノには近づかないで >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    「みんなの学校」木村泰子さん講演会
    0
      【すべての子どもに居場所がある学校を作りたい。

      学校が変われば、地域が変わる。そして、社会が変わっていく。】

      そんな言葉が目を引くチラシをもらいました。

      実録映画「みんなの学校」と木村泰子さん講演会がありました。

      元校長の木村泰子さんが大阪市立の大空小学校に就任した時、10年後の学校を目指そうとされました。

      まず「すべての子どもの学習権を保障する」ことを第一にされました。

      子どもの学力を向上させるために何が必要かを第一にした学校では、学習環境を重視するため、他の子どもの学習に支障のある子どもは排除されることもありますが、

      ここでは逆です。しかし、その結果、引越してでも受け入れてくれる大空小学校へとたくさん転校されました。

      その子の背負っている透明なリュックサックはなんだろう?「おはよう」を家庭で聞いたことのない子どももいる。

      木村先生いわく、
      「障がいを理由にしてその子達が分断して失うものが怖かった。いろいろな人と関わり、コミュニケーション力をつけることができる。正解を求めることはやめよう。トラブルがこども同士が納得できる学びになるから。」

      自分で考えることを実践するから、結果的に、大空小学校では、学力も向上しました。

      担任一人でなく、全職種、地域の人たちも含めて30人が一人のこどもを育てよう。多様な子どもたちは一人では対応できない。30人いれば、誰か安心できる大人がいる。

      授業をつくる努力よりも大事なのは、「目の前の子どもが育つこと。」

      職員のチームができるかどうかが大切。人の力を活用する力がいる。できなかったら、助けを求めたらいいんですよ。

      授業を長く受けたことがなく、大空小学校に転校してきた子どもSくん。欠席もなくなりました。卒業するとき、残した言葉。

      「人にとって大切なのは、平和です。簡単ですよ。隣にいる人を大切にすると世界は平和になる。」

      引退された今、大空小学校は教員がだいぶ入れ替わっても、木村泰子先生がたの精神をそのままに子どもの居場所になっています。

      最後、木村先生に花束が。木村先生のファンが、名前を伏せて花束を置いていかれました(^ ^)
      | こども・自尊心・教育 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 00:10 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://kobudo.jugem.jp/trackback/508
        トラックバック