PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
からだとこころの感覚を通じて、今をよりよく生ききるために、何ができるかをわかちあう。

可能の感覚を手にする☆

<< 介護従事者のための労働相談 | main | 「みんなの学校」木村泰子さん講演会 >>
コミュニティの力とまちづくり 講演
0
    コミュニティデザイナー山崎亮さんの講演が芦屋市でありました。

    もともと建築設計をされていた山崎さん。商店街にひとを呼び込むしくみつくりなどコミュニティのデザインをされています。
    テレビ出演もされておられて、ご存じの人も多いと思います。私も、テレビにて存じあげて、感動した一人です。

    講演後、以下の質問をさせてもらいました(^^)

    <地域資源を見極めるコツはなんでしょうか?

    まず、依頼のあった市役所にて地域に精通している人10人を教えてもらい、その一人ひとりから話を聞く。その10人から3人ずつを教えてもらい話を聞く。またその30人から3人ずつ教えてもらう。

    で、約90人の話を聞き、誰が尊敬されているか、誰と誰とはテーブル一緒にしないとか、地域のことをわかっていく。そこからワークショップをするんだそうです。

    そこで、地域住民が自ら動き出したら、徐々にコミュニティデザイナーは去っていきます。>


    コミュニティデザイナーはあくまで、地域住民が主体となって地域をデザインするためのファシリテーターだそうです。

    現役時代の勤務10万時間の効率的、生産的、失敗しない生き方は、定年後の10万時間にはまったく役に立たない。むしろ、失敗した経験や、効率を求めないこととか、時間をかけてとりくむか、が問われます。

    90歳まで生きると、定年後って10万時間あるんですね。

    山崎さん、いろいろな人とかかわっていけるようにと、子どもさんは公立に通っていらっしゃいます。
    | 夢を叶える道(人生編) | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 15:30 | - | - | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://kobudo.jugem.jp/trackback/507
      トラックバック