PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
からだとこころの感覚を通じて、今をよりよく生ききるために、何ができるかをわかちあう。

可能の感覚を手にする☆

スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    カジノには近づかないで
    0
      国の将来や持続可能性を決めるのは、富裕層でも政治家でもありません。

      多数を占める中間層です。安定した中間層がいて初めて経済は回り、税収も確保できます。

      いま日本では、その中間層がどんどん減っています。

      カジノはその中間層の貯蓄を狙っているのでしょうか。

      ギャンブルにはまった高齢者は老後の貯えをなくし、家族や介護業界はますます大変になるでしょう。そして国力は下がるでしょう。ギャンブル依存症の国民が増えるからです。

      「脳に依存の回路がつくられる」というところがギャンブル依存症のポイント。作家で精神科医の帚木蓬生さんは、以下のように語っています。

       「なりにくい人とそうでない人の差はあるものの、原則的にギャンブル依存はだれでもがかかり得る疾病です。ギャンブリングによって繰り返される強い刺激により、ドーパミンの代謝異常が起こり、脳の報酬回路に変調が生じる。(略)依存の回路ができると、脳の奥深くにある扁桃体が司る『今すぐこれをやりたい』という衝動的報酬回路が強まり、逆に『これをするとどんな結果が起こり得るか』と予測する前頭前野の思慮的報酬回路の働きが落ちる。つまり脳の機能レベルで、物事の価値判断が変化してしまうのです。」

       子どもを炎天下の車の中に放置したらどうなるか。借金を重ねて会社の金に手をつけたら何がおこるか。普通なら容易に想像できることも、異常を起こした脳にとっては、ギャンブルに比べると、取るに足りない些事になってしまう…。と筆者は例をわかりやすくあげてくれます。

       おそろしいことに、我が国の成人男子のギャンブル依存症の有病率は9.6%。(厚労省の調査結果)ほぼ10人に1人。先進諸国は1.5〜2.5%なのに、日本の状況はかなり問題があります。

      しかしカジノ国際資本の要望をうけて、熟慮されることなく、カジノ法案は衆院通過。
      参考資料下記。
      http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e3%82%ab%e3%82%b8%e3%83%8e%e8%b3%87%e6%9c%ac%e3%81%af%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e4%b8%ad%e9%96%93%e5%b1%a4%e3%81%ae%e8%b2%a1%e5%b8%83%e3%82%92%e7%8b%99%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b/ar-AAlh5LJ?ocid=LENOVODHP15#page=2
      | 緊急・重要メッセージ | 06:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      相模原事件 犯人に伝えたい
      0

        本当に変えたかったのは、むしろ差別や偏見のない方向への社会のありかたではないのですか。

        高齢者施設も、障碍者施設も、現実には、すべての利用者さんに満足いくサービスを提供できるわけではありません。

        ですから、車椅子で一日中、座っている利用者さんがいる場合もあるかもしれません。

        私は高齢者施設や精神科しかわからないのですが、

        年々不自由になっていく現実などから、早く死にたい、そのように願う利用者さんや患者さんも少なからずいます。

        死を潜在的に「求めていらっしゃる」かたもいる中で、
        「生きろ」という無意識のメッセージを利用者さんに伝えてしまうことのこわさを考えてしまいます。

        生きろというメッセージではなく、「死にたい」や「苦しみから逃れたい」の本質に寄り添うということに意味があるのかもしれません。

        死にたい=より良く生きたい と解釈するならば、その人にとって、より良いサービス、よりよい寄り添い、より良い関わりがベストなのではないでしようか。

        たとえば、職員やまわりからの援助を通じて「ねばならない」ことを徐々に少しずつでも「やりたい」方向に変換していく過程を感じてもらう。

        職員にとっては、重たい岩を動かすようにも感じるでしょう。しかし、そこを避けては醍醐味を失います。

        利用者さんや患者さんが、ただルーチンで決められたからするのでなく、

        自発的に職員の手伝いをすることや、皆で一つのことを達成する、和気あいあいと話しながら楽しく作業する、一人ではなかったと気づく、

        だからこその集団生活の効用があります。

        私達は、一人ではありません。そこには良いことだけでなく、考えの違う軋轢もあるでしょう。

        だからこそ、多様な社会なのではないでしようか。

        優生思想は結果的に一人の考えしか許さない社会につながります。

        排斥している自分もいずれは排斥されてしまいます。

        確かに、何が何でも生きねばならない社会は窮屈です。意識のない寝たきり状態であれば苦痛のほうが大きいでしょう。

        しかし、そんな社会のありかたを、少しずつでも、寝たきりゼロの外国を手本に変えていける可能性は、ゼロではないのです。

        (もちろん、高齢者施設と障碍者施設は
        違いますが。)

        生きがいや喜びを持ってもらう方向への仕事は、重たい岩を動かすような感じです。しんどいです。

        その努力をせずに、

        いや、努力しすぎて燃え尽きたためにか
        わかりませんが、

        自身の差別や偏見によって、自身の思想を発露させてしまった結果が、事件だと思ってしまいます。

        本当に変えたかったのは、むしろ差別や偏見のない方向への社会のありかたではないのですか。
         

        | 緊急・重要メッセージ | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        本人が選択できる合法的な尊厳死の検討を
        0
          相模原事件をふまえて厚労省で対策チームができたそうですが、

          経済優先の社会ならなおのこと、そうでなくても、合法的な尊厳死について検討すべきではないでしようか。

          なぜ検討しないのでしょう。

          オランダでは安楽死が認められてます。

          また、高福祉の外国には、寝たきり老人はいません。

          (スウェーデンにはなぜ「寝たきり老人」がいないのか 幸福度世界1位「北欧の楽園」に学ぶ老いと死
          http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150927-00045510-gendaibiz-bus_all)

          相模原事件では、犯人のいわば上から目線の英雄願望が、障碍者家族や本人の直面する現実とあいまって、事件に結びついた可能性があると思います。

          社会保障費用の膨大化…と聞くとお荷物になってると思ったり、障碍そのものや制度の改訂で、さらに苦しむ現実があるなら、いっそのこと、と思ってしまう人もいます。

          また、偏見や差別が暴力を生みます。

          偏見や差別を減らすことが、共生や多様性を受け入れる社会につながるはずです。

          犯人が衆議院議長や首相に手紙を送ったのは、

          衆議院議長はともかく、首相や首相のバックにいる人々にアピールしている気がします。

          思っていてもできないことを、してあげたよ、という気持ちなのでしょうか。

          ヘイトな考えを根底にただよわせる一億総活躍な考えがなくなり、
          一億各多様化社会になるように願います。

          そして、そこではもちろん、合法的な尊厳死が選択できうるはず。

          必要以上の延命をして、天寿を全うしなければならない社会は、窮屈でなりません。

          99歳。認知症の利用者さんが発する「もうしんどい。早く死にたい。」に、あなたならどう答えますか。
          | 緊急・重要メッセージ | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          障碍者施設 殺傷事件から
          0
            この国の、経済優先 弱者切捨ての政策を無意識に感じとっているからこその、
            衆議院議長や首相への犯行予告のような気がしてなりません。

            そして重度障碍者の家族の将来への不安や、現在の負担、悲観しての心中や未遂がすくなからず起きている事態。

            (介護苦による殺人という犯罪が、二週間に一回日本では起きています。http://news.yahoo.co.jp/feature/234?utm_source=ycd&utm_medium=yahoojp-p4-ci-es)

            そういった実態をみて聞いて感じた感受性の向かう先が、善なる方向でなく真逆になってしまったことに、

            この国があらためて、致命的に何かを失っているような気がしてなりません。


            川崎高齢者ホーム三人転落死事件のあと、

            朝日新聞読者欄に、監視カメラ設置で虐待は防げるとする介護福祉士の投稿がありましたが、

            カメラでは確信犯は、防げません。

            なぜ今回の犯人は、確信して思ったのか。自分のこととして考えないかぎり、わからないのではないでしょうか。

            私は、精神科で夜勤をしているときに、ふとよぎる自分の悪意に気づきました。

            以下の思いだけで終わりました。

            寝たきり患者さんは、生きていても仕方がない

            そんな思いは、首相の言う一億総活躍の裏メッセージであるような気がしてしまいます。
            | 緊急・重要メッセージ | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            間違いを抑止する術が必要
            0
              Sアミーユ川崎幸町の三人転落殺人犯人の行動からは、窃盗してたり、自作自演のような、代理ミュンヒハウゼン症候群に似たような気がしました。

              だから犯人は特別としたくはなりますね。

              はたして、特別でしょうか。

              先日、うちの職場で、ねちっこい利用者さんの要求に、対応しきれなかった20代職員がいましたが、手をあげてたかもしれなかったとのことでした。

              東京府中で女性施設長を刺したのは、26歳女性特養職員でした。仕事がつらかったとニュースで報道されました。

              私自身も、道に外れないように非暴力を貫徹する信念をもっていなければ、パワハラ上司にやり返していたと思います。

              誰にも程度の差はあれど、間違いをおかす、魔が差す可能性はあります。それを抑止する技術が必要です。

              環境×個人の資質×その他(ストレスなど)で間違いが起こるなら、ひとつずつ可能性の芽を摘むのも方法としてありだと思います。

              芦田愛菜ちゃん主演の児童養護施設ドラマ 「明日ママがいない 」

              なぜ、元刑事が愛菜ちゃんのいる児童養護施設をつくったか。

              三上博史扮する施設長は、

              犯罪をおかそうとする者にとって、愛された記憶が犯罪の抑止力になると思い、
              児童養護施設をつくったと語ります。

              たしかに、抑止するのは、厳罰でもなく、金銭でもなく、愛情や安心できる居場所があるかだったりします。

              あとは、ストレスコントロールです。
              感情労働に対する社会的評価や支援も必要です。

              | 緊急・重要メッセージ | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              分刻みの夜勤がなくなるよう祈ります
              0

                介護職の夜勤の問題の本質は、長時間じゃないです。長時間勤務は、勤務医のほうがされてます。36時間勤務とか。

                過酷なナースコール対応の重なりが何回もあったり、
                夜中に合計数十回のトイレ誘導だったり、

                職員の疲弊感が、ぬぐえないことではないのでしょうか。

                3人転落死のあった川崎Sアミーユの犯人は、「分刻みでやることが詰まっている」夜勤業務だったそうで、「夜勤がきつかった」と供述しています。

                たしかに、私めも、コール重なり二人を車椅子で引き連れながら、五人を連続で対応しても、対応しきれず1人が床に敷いたマットに転落したという、燃え尽きた夜勤もありました。

                ナースコールが鳴ってないのに、耳鳴りのように聞こえるときもありました。

                長時間でも、ゆったりならたいてい大丈夫です。

                過酷でも、職場が意図した「分刻み」でなければ、一時のキツサです。

                ですが、はじめから「分刻み」の夜勤。


                「仕事が多すぎる。」この施設で働いた経験者談。定員80人の施設で、当直は原則として3人。巡回し、寝ている入所者の体位を変え、オムツを換える。

                「分刻みでやることが詰まっている。介護を受ける人を足手まといに感じ、つい『死ね。』とか言いたくなる。」この施設で働いた経験者談。(朝日新聞28年2月17日朝刊)


                犯人を擁護するわけではないですが、

                営利企業的な考えが、介護業界に進出した害悪の象徴ですね。

                苦役そのものです。この世から分刻みの夜勤がなくなるよう祈ります。

                | 緊急・重要メッセージ | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                属国からの脱却
                0
                  http://turezurebana2009.blog62.fc2.com/blog-entry-143.html

                  上記ブログ内容は、属国からの脱却を示唆してくれます。


                   
                  | 緊急・重要メッセージ | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  日本の眠れる資源を強奪するための安保?
                  0
                    オルタナティブ通信より転載します。

                    ------------------------------------------

                    ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」

                    ― Bipartisan report concerning Japan ―



                    この米国政府の戦略文書は、かつてCIAを統括する米国大統領直属の国家安全保障会議NSCの議長で、同時に東アジア担当者であり(クリントン政権)、後に安全保障担当の国防次官補を務めたジョセフ・ナイが、米国上院下院の200名以上の国会議員を集め作成した、対日本への戦略会議の報告書である。



                    ナイは後に、米国の政治家養成スクール、高級官僚養成スクールであるハーバード大学ケネディ行政大学院の院長となり、そこから輩出された無数の政治家・行政マンの司令塔となってきた人物である。





                    その内容は以下の通り。



                    1、東シナ海、日本海近辺には未開発の石油・天然ガスが眠っており、その総量は世界最大の産油国サウジアラビアを凌駕する分量である。米国は何としてもその東シナ海のエネルギー資源を入手しなければならない。



                    2、そのチャンスは台湾と中国が軍事衝突を起こした時である。当初、米軍は台湾側に立ち中国と戦闘を開始する。日米安保条約に基づき、日本の自衛隊もその戦闘に参加させる。中国軍は、米・日軍の補給基地である日本の米軍基地、自衛隊基地を「本土攻撃」するであろう。本土を攻撃された日本人は逆上し、本格的な日中戦争が開始される。



                    3、米軍は戦争が進行するに従い、徐々に戦争から手を引き、日本の自衛隊と中国軍との戦争が中心となるように誘導する。



                    4、日中戦争が激化したところで米国が和平交渉に介入し、東シナ海、日本海でのPKO(平和維持活動)を米軍が中心となって行う。



                    5、東シナ海と日本海での軍事的・政治的主導権を米国が入手する事で、この地域での資源開発に圧倒的に米国エネルギー産業が開発の優位権を入手する事が出来る。



                    6、この戦略の前提として、日本の自衛隊が自由に海外で「軍事活動」が出来るような状況を形成しておく事が必要である。



                    以上のように、米国は日本海の「パレスチナ化」計画を策定しており、米国は日本を使い捨てにする計画である。



                    そして、この計画の下に自衛隊の海外活動の「自由化」=集団的自衛権の行使が安倍政権によって推進されようとしている。



                    このエネルギー利権のために日本の自衛隊と中国軍に「殺し合いを行わせる」、これが米国政権中枢の戦略文書に明確に書かれている。

                    -----------------------------------------

                    以上です。
                    JUGEMテーマ:今日のこと

                    | 緊急・重要メッセージ | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    日本の立ち位置
                    0
                      白鳳流合気武道 総長 岡林先生からイスラム国人質事件に由来する日本の立ち位置についての私めからのメールに対する返信です。公開可能、広げて下さいとのこと。

                      根本的に我が国はアメリカの属国で独立国でないことを認識しないと、現在行われている様々な事象は判らないと思います。
                      明治維新から続いているロンドンシティの日本戦略と戦前からのウォール街バンクによる計画的日米開戦の延長にあることを私たちは十分に知った上で現在の事象を観察する必要があると思います。

                      アラブの春やウクライナなどのバラ革命はアメリカを操る軍産複合体によるもので、同様にイスラム国も同軍産複合体が
                      作ったもので陰で資金援助もしています。
                      すべて、
                      存在しないテロ集団は彼らが作り上げ無理やり存在させ、イスラムを世界の敵に仕立てあげ、戦争状態を作り上げる戦略のための仕掛け
                      です。
                      この観点にたって見ると日本の選択は
                      2つしかありません。
                      安倍政権の様に属国で在りながらも、僅かながらの抵抗を折り込み完全属国への時間稼ぎをして行くのが、日本を破壊せずに済む道だと考えるのは完全に個人的に捕虜化されているからだと思います。

                      全世界に向け、すべての真実を暴露して国際金融資本が作り出している歴史を
                      つまびらかにすることが必要だと感じています。
                      | 緊急・重要メッセージ | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      狙われてもおかしくない
                      0
                        カレイドスコープというブログをご覧ください。http://kaleido11.blog.fc2.com/

                        イスラム国からの脅迫について。交渉力がないというよりは、もうすでに見殺しを決めていたのですね。すさまじく売国奴です。

                        結果、日本はこれまでの平和国家から、テロに狙われてもおかしくない立ち位置になってしまいました。
                        | 緊急・重要メッセージ | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |